テサラン 食事療法

手汗を完治させるには食事療法

 

手汗を完治させるには食事療法

 

手汗の応急処理は様々です。

 

制汗剤やクリーム、常にタオルやハンカチを持ち歩くという人もいれば、汗を抑えるツボ押しを行うなんていう人もいます。

 

ですが、応急処置ばかり繰り返しても、手汗をかく体質はいつまでたっても変わらないのが現実です。

 

手汗を本当に抑えたいのであれば、その時だけの処置よりもずっと長期的な治療が必要なんです。

 

 

その中でも食事療法は、手術以外の医療的な療法では必須と言っても良いでしょう。

 

手汗をかきにくい体を作るためには、きちんとした食事療法が大切になってくるのです。

 

 

手汗を抑える食材、手汗をかきやすくする食材

 

手汗を抑える食材として広く知れ渡っているのは主に大豆製品です。

 

大豆にはイソフラボンという成分が含まれており、イソフラボンにはホルモンを整えるという特徴がありホルモンバランスが整うと、汗をかきにくくなると言われています。

 

女性の更年期障害の時に汗が止まらなくなったりするという声もよく聞きますが、それはやはりホルモンバランスが乱れているからなのだとか。

 

豆乳や豆腐、お味噌や油揚げなど、イソフラボンを含む食材を積極的に摂取しましょう。

 

また、これと併せてビタミンBやビタミンCも摂ることをお勧めします。

 

これらには抗ストレス効果があり汗の働きも押さえてくれると期待されていいます。

 

魚や果物、レバーなどに含まれています。

 

逆に避けたい食べ物は動物性脂肪系の食品です。

 

バターやチーズ、ケーキなどの摂取は意識して控えてみましょう。

 

動物性脂肪は肥満を作るので、肥満が発汗に繋がっているケースは多々あります。

 

香辛料も発汗作用があるので気を付けた方が良いです。

 

キムチなどの発酵食品は体に良い成分を含んではいますが、刺激が強いので頻繁に食べていると発汗しやすい体になり易いなのだとか。

 

手汗をかきたくない日の近辺で刺激物の摂取を控えるだけでも効果は期待できますので、今日は絶対に手汗をかきたくない!というタイミングでは辛い物や甘いものの摂取は控えてみるといいかもしれません。

 

 

食事療法は即効性より持続性で手汗を予防する

 

食事療法で即効性を期待することはできません。

 

ですが、即効性ばかり気にしていてはいつまでたっても手汗を治すことはできないと思います。

 

汗は体内から分泌されるものです。

 

体内の栄養環境を整えなければ治るものも治らないのが現実ではないでしょうか。

 

魚や豆腐製品などは日本古来の食事でのあるので日本人の体にとてもよく合います。

 

日本人に肥満が少ないのはこういった食生活のおかげですし、だから多汗症の人も自然と少なかったのではないでしょうか。

 

手汗を抑えたいのであれば、汗をかかない薬を続けるよりも汗をかかない体にするのが一番良いと思います。

 

体に良い食生活は手汗以外にもたくさんのメリットをもたらしてくれますので、ぜひ長い目で自分の体と向き合ってみてくださいね。

人気テサラン記事


テセラン図

テサラン
テサラン(TESARAN)手汗制汗クリームの口コミや評判、効果や効能を検証。