テサラン ツボ

ツボ押しで手汗を抑える

 

ツボ押しで手汗を抑える

 

気になる手汗、どうして出るのか

 

汗の気になる季節である夏は、顔や体はもちろん、中には手汗で悩んでいる方も多いと思います。

 

人と握手するときやデートのときなど、手汗が不快で相手に嫌われるのではないかと心配になり、人との触れ合いが楽しめないときもありますね。

 

汗をかく量には個人差がありますが、手汗は緊張の度合いとも関係があります。

 

緊張しすぎて異様に手汗をかいたという覚えのある人も多いのではないでしょうか。

 

ストレスや強い緊張を感じると、交感神経が刺激されて汗が生じます。

 

反対に緊張から解放されてリラックスした状態になると、副交感神経が働いて汗も治まります。

 

そこでおすすめするのが、手のツボを押すことでリラックスする方法です。

 

 

ツボ押しで手汗を抑える

 

手の平はもともと、緊張やストレスなど精神的なものが原因で交感神経が刺激されて分泌され、汗が出やすい部位だといわれています。

 

そこで、気持ちを落ち着かせる効果のあるツボを2つご紹介します。

 

どちらも手にあるツボなので、いつでも手軽に実践できます。

 

 

労宮(ろうきゅう)

 

手の平の真ん中にあり、手を軽く握ったときに中指の先端が当たるところです。

 

ここを5秒ほど押して刺激したあと5秒離す、という動作を5回ほど繰り返します。

 

緊張を鎮め、気持ちを落ち着かせる効果があるといわれています。

 

 

合谷(ごうこく)

 

手の甲にあり、親指と人差し指の骨が合わさるところのくぼみです。

 

ここをもう一方の手の親指を使って、骨の真下に潜り込ませるようなイメージで5秒ほど押したあと1秒離す、という動作を5回ほど繰り返します。

 

ストレスや不安を和らげる効果があるといわれています。

 

 

トレスを溜めずに手軽にいつでも

 

手のツボを刺激して気持ちを落ち着かせる方法は、特別な道具が一切必要ありません。

 

しかも、緊張していると感じたら、いつでも手軽に実行できます。

 

時間もほとんどかからないので、人に会う前でも相手に気付かれずに緊張をほぐしておくことができます。

 

先ほどもご紹介しましたが、手汗が出る原因は緊張やストレスと密接に関係があります。

 

長時間精神的に緊張した状態が続き、交感神経が刺激され続けると、そのうち緊張していなくても手汗が出るようになってしまうといいます。

 

日頃から規則正しい生活を心がけ、ストレスを溜めないようにすることも大切です。

 

ストレスが溜まっていると感じたら時には発散し、人に会う時に限らず、リラックスしたいときにはいつでもツボを押して緊張を和らげてくださいね。

人気テサラン記事


テセラン図

テサラン
テサラン(TESARAN)手汗制汗クリームの口コミや評判、効果や効能を検証。