テサラン 使用方法

話題の手汗クリーム「テサラン」。気になる使用方法とは?

 

手汗クリーム「テサラン」

 

些細な事のようで、非常にデリケートな悩みでもある「手汗」。第三者からの目線だと「そこまで気にするほどか?」と思われがちですが、真剣に悩んでいる方は決して少なくはありません。

 

自分の手汗が気になるあまりに、握手をする事を躊躇してしまったり小銭を受け取るのを恐れてしまったりと、他者に自分の手が触れてしまう事を極端に気にしてしまう傾向が強いようです。

 

このような手汗に関する悩みを解決すべく、あらゆるアイテムが開発されて来ました。「手汗」でインターネットを検索してみると、手汗専用のハンドクリームや、手汗専用の制汗剤、パウダーなど、非常に多くの商品がヒットする事がお分かりいただけます。

 

これらの効果を実感出来るのには当然個人差があり、中には「今まで色々なアイテムを使ってきたけれど、どれも効果を感じられなかった」と、半ば諦めモードに入ってしまう方もいらっしゃいます。

 

そのような方々に朗報です!最近注目を集めている手汗対策アイテム「テサラン」が、これまで何を使ってもいまいちだった、という手汗アイテムの概念を覆しつつあるのだとか。

 

 

他の制汗アイテムとテサランとの違いとは?

 

テサランとの違い

 

これまでの制汗アイテムの常識は、「汗をかいたその時に使用する」というものがほとんどでした。

 

例えば、脇汗に使用する制汗スプレーなども、スポーツの後などの大量に汗をかいた時にシュッとひと吹きしていましたよね。 

 

しかし、この「テサラン」は、手汗が出たその時ではなく、「予防」として使用するアイテムなのです。言いかえると、風邪の予防でマスクを着けるような感覚ですね。

 

ハンドクリームを日常的に使用している方はたくさんいらっしゃいます。

 

テサランは、それと同じような感覚で手汗を予防する事が出来る、新しいタイプの制汗アイテムであると言えます。

 

仮に他者の目につく場合でも、普通にハンドケアをしているようにしか見えないので、「手汗のケアの最中!」というダイレクトな雰囲気が出ないところもとても魅力的ですよね。

 

 

テサランの効果をより実感する為の使い方

 

このように新しいタイプの制汗アイテムであるテサランですが、その使い方はどのような感じなのでしょうか? 

 

 

ポイントは2つだけ。テサランならば手軽にケアが出来ます。

 

テサランポイントはたったの2点

 

テサランを使用する上でのポイントはたったの2点。

 

とても手軽に使う事が出来るのが分かります。

 

 

入浴後や就寝前など、汗が出ていない状態の時に使用する

 

テサランは予防をする為のクリームなので、手汗が出ていない時に使用します。

 

入浴後や就寝前はもちろんの事、手洗いをした際や毎朝の洗顔後なども適しています。

 

 

適度な量をまんべんなく塗りこむ

 

汗をかいていない状態で、適量のテサランを塗りこみます。

 

この時に量が少なすぎるとその効果は半減してしまうので、使用する量に気をつけるようにしましょう。

 

とは言っても、多くても米粒2粒分もあれば十分なので、非常に経済的なアイテムでもあります。

 

 

朝、昼、晩のケアでより効果を実感!

 

テサランの効果を最大限に実感するには、朝、昼、晩にそれぞれケアをするのが有効的です。

 

熟練者になると、朝、晩用に洗面所に1本置いておいて、あと1本は持ち歩いて昼間に使用する、という方法をとる方もいらっしゃるようです。

 

テサランはデザインもシンプルでお洒落なので、持ち歩いて使用をするのにもとても便利ですよね。

 

こまめにケアをして、手汗のコンプレックスを解消してしまいましょう。

 

 

べた付きが気にならないから安心して使用出来る!

 

テサランはた付きが気にならない

 

テサランは、ハンドクリーム特有のべた付きがなくサラリとした感触なので、場所を選ばずに使用する事が出来ます。嫌な臭いもせず爽やかな香りなので、それも嬉しいですよね。

 

「手汗のための対策」というよりも、「手を綺麗に保つケア」というように、前向きなニュアンスで楽しく手汗のケアをする事が出来る、非常に魅力的なアイテムであると言えます。

 

とても手軽に使用出来るので、手汗が気になるという方にはぜひお勧めしたいアイテムです。

人気テサラン記事


テセラン図

テサラン
テサラン(TESARAN)手汗制汗クリームの口コミや評判、効果や効能を検証。